セルライト 除去のできるエステ体験キャンペーンはここがオススメ

セルライトは特異な体質だから、まず体質改善をすることが大事である。それには食べ物を改善しなければならない。タマゴ(卵白)や牛乳、豆腐(大豆)は、食物セルライトの除去や解消をひき起こすからストップする――こんな考え方がもっともらしくいわれる。しかし、これ りは間違いというのが、ダイエットエステシャンの見解である。セルライト発症には、さまざまな因子が複雑に絡み合っている。食べ物が発症の原因になる場合もあるかもしれないが、必ずしも食べ物が原因とはかぎらない。だから食物制限などは、百害あって一利なしだ。それは、セルライトの多くが乳児期に発症して、成長にしたがって軽快するのをみても納得できる。成長期に食物制限をすると、体重が減り、身長が伸びなくなる。運動能力の発達に、弊害が起こる。成長期にはバランスのとれた食べ物が必要だが、その大事な成長期に栄養がかたよると、低タンパク血症や貧血、ビタミン欠乏症につながる。いろんな障害が起きてしまうのである。食べたいという子供の自然な欲求を抑えると、子供は欲求不満になり、精神的に圧迫され、情緒不安定に陥る。幼稚園や学校給食も、友だちと同じ食事ができないとトラブルが起こり、いじめの対象になったりする。食事制限は、幼児の精神発達にも大きな負担となり、正常な発達の障害の原因をつくるのだ。そんな子供をみていると、今度は母親のほうが、イライラしてノイローゼになりかねない。毎日の食事に神経をすり減らし、育児ノイローゼになってしまう。そして子供も母親も、くたくたになってしまうばかりだ。食物制限をしているセルライトの乳幼児十五人を調べたところ、全員が身長の伸びと体重の増加不良、さらに鉄分欠乏症、低タンパク血症、精神的発育の遅滞が診断され、母親のほぼ全員が育児ノイローゼだった――とぃぅ広島赤十字・原爆病院の報告例もぁる。食物セルライトの除去や解消は厳密に定義すると――特定の食べ物をとると起こる症状で、免疫学的にその反応が証明できるもの、でぁる。症状としては、かゆくなる皮膚症状、下痢、腹痛などの消化器症状だが、しかし、激辛カレーライスを食べると全身からカーッと汗が噴き出し体がかゅくなったり、夕ヶノコゃャマイモを食べすぎて、全身がかゅくなる人もいる。これも食物セルライトの除去や解消だと思い込んでいる人が多いが、これは必ずしも食物セルライトの除去や解消とはいえない。セルライトが食べ物に関係しないことは、セルライトの発症が季節と密接につながっている事実からも指摘できる。

 

 

 

冬にひどくなる冬型、夏に悪化する夏型など、ぁる季節だけに発症する症例が八〇?九〇%を占めているのだ。食べ物は季節に関係なく食べているのだから、セルライトとの因果関係は結びっかない。皮膚科の専門医の多くが、「食物セルライトの除去や解消とセルライトとは無関係」との見解に立っているのは、そのためだと思われる。第一に、食物制限を続けても皮膚炎は改善されないばかりか、逆に悪化する例もぁるのだ。食物制限をゆるめたり中止しても、皮膚炎は悪くならない例が多く、「IgE」(抗体の本体をなすタンパク質の量)が高い値を示した食べ物や皮膚スクラッチテストで陽性を示した食べ物をべても、皮膚症状にはなんの変化もみられない例が多い―― このような研究調査の報告例もある。これからみても、食事制限とセルライトは無関係である。はっきりいつて、現段階では、食物アレルギーを証明する免疫学的な検査法は確立されていない。 一定の基準がなく、医療機関や検査施設によっても判定は異なってくる。あくまでも各師や患者の主観的な評価でしかない。このへんで、食物アレルギーと食事制限によるセルライト療法は考え直したはうがいい。食べたい物を食べられない苦痛は、筆舌に尽くしがたい。食べ物を、食べたいときに食べる。これがいちばん人間らしい生活ではないだろうか。少し専門的になるかもしれないが、セルライトとは一体どういう皮膚炎なのかみてみよう。セルライトの症状と原因は複雑で、さまざまな治療法が試みられている。検査法も治療法も確定されていないのだから、各皮膚科(医療機関)、ダイエットエステシャン個人によって、検査(診断)も治療もまちまちだ。本当のところ、セルライト性皮膚炎とはどんな皮膚病か? と問われても、明解な答えは現在のところ出てこない。「ああ、それはねえ……」と簡単に答える医師は、セルライトを知らない人といえるだろう。現在のところ、セルライトは大きく二つの学説に分けられる。ひとつは、セルライトは、セルライト型アレルギー反応によって起こるセルライト性疾患であるとする説。もうひとつは、セルライトは、セルライトを合併するがセルライト性疾患ではなく、細胞性免疫反応が重要な役割を果たして発症するという説。

更新履歴